医療レーザーによるしみ治療と健康保険について

治療の目的が美容の場合は、健康保険からお金を出すことはできません。

しみを治療するために医療レーザーを用いる場合は、保険を使うことは可能なのでしょうか。

結論から言うと、しみ治療で健康保険は使うことは可能です。

とはいえ、しみ治療の全てで健康保険OKというものではなく、できないものもあります。

しみ治療を医療機関で受ける場合、大別すると3パターンのしみ治療方法が存在しています。

しみの治療効果があるレーザー光を照射するか、塗り薬を塗布するか、内服薬を飲むかです。

健康保険が適用される治療方法としては、内服薬を飲むというやり方か、医療用レーザーを使う方法です。

医療用レーザーの中でも、特定の条件を満たした治療にのみ、健康保険を使ってしみ治療ができます。

一部の治療とは、厚生労働省が許可しているかどうかという点と、シミなのかあざなのかという点です。

厚生労働省が許可する医療用レーザー機器を使った治療方法でない限りは、治療費用として健康保険から出すことはできません。

最近は、レーザーを用いたしみ治療が可能な施設は数多く存在していますが、厚生労働省が許可している機器はごくわずかです。

また、健康保険を使って治療ができるしみは、傷跡がしみになってしまった場合や、太田母斑と診断された場合に限ります。