気になるしみはフォトフェイシャルで解消

フォトフェイシャルを受けることで、長年の悩みだったお肌のしみも、目立たなくすることができるようになります。

フォトフェイシャルは特殊な光を照射することでしみやソバカス、肌全体のハリやクスミを改善することができる施術の事です。

一度できてしまったしみやソバカスはいつの間にかなくなるという事は無いので、解消させるためには何らかの方法が必要です。

肌のしみやくすみを目立たなくするために、フォトフェイシャルでは光を皮膚にあてます。

メラニンなどの色素にのみ反応する光によって、数日後にしみやそばかすが浮き上がってきたような状態になります。

手を加えずにそのまま放置していると、浮いてきたものは自然にボロッと剥がれ、下からきれいなお肌が表れるという仕組みです。

かさぶた状のものが浮き上がってきた時に、強引に剥がしたりはしないことです。

一度にすべてが浮き上がってくるわけではないので、3週間から1ヶ月ごとに定期的に数回のフォトフェイシャルの施術を受ける必要があります。

しみの解消以外にも、毛穴の引き締めや肌のハリの回復、クスミが取れて明るい肌になるなど、同時に複数の悩みが解消される施術でもあります。

フォトフェイシャルはダウンタイムが短いため、メイクや洗顔も施術の直後からできるようになります。

レーザーによる美容施術のようにテープを張ったりという事は必要がありませんが、施術後は肌が敏感になっているので、保湿をする必要があります。

フォトフェイシャル直後に、強い紫外線に皮膚をさらすことはやめましょう。

日焼け止めをつけること、日差しの強いところには行かないことが大事です。