洗顔石鹸を使用した正しい顔の洗い方とは

毛穴の開きや、黒ずみが気になる人は、洗顔石鹸による正しい洗顔ケアで、毛穴汚れを取り除くようにしましょう。

洗顔の基本は、洗顔用のネットと、顔を、まずぬるま湯でよく濡らします。

この顔にぬるめの湯を使うように心がけましょう。

皮膚に留めておきたい油分を洗い落としてしまわないためには、ぬるま湯は体温くらいにしておきます。

ぬるま湯にくぐらせた泡立てネットは、ちょっと振って水を減らし、泡を乗せても泡が緩まないようにします。

手のひらいっぱいになるくらいに泡をつくり、Tゾーンから泡を乗せていき、指の腹を丸く動かして泡を塗り広げます。

顔に塗り広げた泡を、指の腹で回していくことで、毛穴の奥まで入り込んでいた油汚れをかき出すことができるわうになります。

指の腹が顔に触れないくらいの泡だけで皮膚を包んで栓化繊するようにします。

円を絵がくようにして洗うようにするといいでしょう。

仕上げに、ぬるま湯で顔の隅々まですすぎます。

泡汚れが残っていると、肌トラブルの原因になってしまいます。

泡が完全に洗い流されるまで、10回以上をめやすにぬるま湯で顔をすすぎます。

すすぎの時も、皮膚をこすらないように注意しましょう。

皮膚と指の間で摩擦が起きると、肌のしみやたるみがふえます。

洗顔後、タオルで顔を拭くときも、顔をこすらないようにしましょう。

タオルの乾いた部分を皮膚にあてて、水分が吸収していくに任せます。

洗顔ケアは、健康的なお肌をつくるためには大事なことですので、まずは上手な洗顔の手順を理解することです。