無添加基礎化粧品に配合されている成分について

無添加と記載されている基礎化粧品の中には、合成成分や、お肌への刺激が強い要注意成分が多く含まれているような商品も少なくありません。

お肌にかかる負荷を軽減したい時には、基礎化粧品を選ぶ時に無添加のものにすればいいと思っている人もいます

これから使う基礎化粧品を決める時に、無添加なら大丈夫という選択基準で選ぶことは、あまりいいことではありません。

皮膚の保湿力を高め、肌トラブルを改善する効果が、基礎化粧品には求められます。

なぜこの商品は無添加と主張しているのか、その定義が明確でない状態で、漠然と無添加化粧品という書き方がされていることがあります。

無添加という言葉を表記できる商品とは、添加物としての表示義務がある成分が使われていない化粧品に対して書くことができるというものです。

アレルギーの原因物質になる可能性がある成分を、表示義務のある成分として指定しています。

注意すべき点として、化粧品表示指定成分が指定された後に開発された新成分は指定対象になっていないことがあります。

化粧品表示指定成分には入っていないけれど、新しくつくられた添加物相当成分であるという可能性は高いのです。

化粧品表示指定成分に指定されていない新たな成分が含まれている基礎化粧品を、無添加と称して販売していることもあります。

納得のいく基礎化粧品を選ぶためには、無添加の意味が確認できて、配合成分が何かがチェックできるものにしましょう。

基礎化粧品は、いずれのメーカーも安全性に力を注いでいるものですが、自分のお肌につけるものですから、十分に確認をして、納得のいく商品を選択してください。