紫外線の影響による肌の乾燥

なめらかな白い肌に憧れている女性にとって、しみやしわの原因になる紫外線は難敵です。

強烈な日差しにさらされた肌は、紫外線の影響によって、肌トラブルが起きやすくなります。

特に紫外線を浴びることは、肌に乾燥を引き起こしてしまうことになるので、注意しなければなりません。

外界の乾燥や刺激から肌を守っているものが、皮膚の表面にある角質層という部分です。

皮膚を覆う角質層によって守られていた皮膚に、紫外線をあてると、角質層自体が損傷を被ってしまいます。

角質は肌の一番外側にあり、基底層から生まれてた細胞が徐々に押し上げられ、最後には垢となって剥がれていきます。

太陽光線にさらされた肌は、紫外線の作用でバリア機能が下がっていまいます。

そうなると、皮膚の奥にある水分も奪われがちです。

紫外線による皮膚へのダメージが積み重なると、十分に育ちきっていない肌細胞まで角質にならざるをえなくなり、肌全体の防御力が低下します。

細胞と細胞の間を糊のようにくっつける役割をしている細胞間脂質も不足気味になり、本来の機能を果たさなくなってしまいます。

角質層がバリア機能としての役割を果たしてくれなくなると、紫外線は皮膚の奥に到達して、肌そのものへと攻撃をするようになります。

皮膚が健康なうちは、ある程度の紫外線くらいなら対応ができますが、肌が乾燥し始めるとそうもいっていられません。

乾燥が進行すると肌に炎症が起こり、色素沈着の原因ともなってしまうので、紫外線を浴びないようにすることは肌にとって大変重要なことなのです。